薄膜太陽電池およびその製造方法

開放特許情報番号
L2014001691
開放特許情報登録日
2014/9/15
最新更新日
2015/7/28

基本情報

出願番号 特願2014-500133
出願日 2013/1/23
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 WO2013/121839
公開日 2013/8/22
登録番号 特許第5749392号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 薄膜太陽電池およびその製造方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 薄膜太陽電池の製造方法
目的 薄膜太陽電池の周縁部のレーザの熱によって裏面電極層と透明電極層が短絡した領域を太陽電池素子から切り離すに際し、従来よりも容易な加工工程で実現することができる製造方法、およびその方法により製造した太陽電池を提供する。
効果 従来は、レーザの熱の影響により裏面電極層と透明電極層が短絡した薄膜太陽電池の周縁部を、当該影響を受けた部分を含む領域を所定の幅で除去していたのに対し、本発明によれば、線状の直交溝を形成するだけで影響を受けた部分を太陽電池素子から電気的に切り離すことができるため、加工が容易であり、これにより薄膜太陽電池の製造効率が向上するという効果を奏する。
技術概要
基板上に、裏面電極層、光吸収層、透明電極層が積層してなり、スクライブ溝により複数の単電池に分割され、前記単電池が直列に接続してなる薄膜太陽電池であって、
前記太陽電池のスクライブ溝と直交する辺の端部の内側に、前記スクライブ溝と直交し前記裏面電極より上部を除去した直交溝が形成されていることを特徴とする薄膜太陽電池。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT