SVOC類経皮曝露量測定装置

開放特許情報番号
L2014001662
開放特許情報登録日
2014/9/12
最新更新日
2016/2/23

基本情報

出願番号 特願2014-116084
出願日 2014/6/4
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-230224
公開日 2015/12/21
発明の名称 SVOC類経皮曝露量測定装置
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 SVOC類の経皮曝露量測定装置
目的 皮膚表面で起こる現象をモデル化し、人工皮膚を用いてSVOC経皮暴露量のパラメータを直接測定できる測定装置を提供する。
効果 従来技術では間接的にしか材料からの経皮曝露量を測定することができなかったが、本発明では、簡単な装置構成でSVOC類経皮曝露量に関するパラメータを直接測定することができ、暴露量を推定できるようにした。
例えば、材料開発分野において、健康影響の小さい製品の開発に際しての利用や、化学物質管理を行う際のデータ取得のために利用することができる。
技術概要
発生源側基板、被測定対象のSVOC発生源、気相を配するための複数の厚みの異なるスペーサ、人工皮膚、吸着材、吸着材側基板とからなるSVOC経皮曝露量測定装置であって、前記吸着材は吸着側基板に設けた面積Aの凹部内に収納され、前記スペーサには前記凹部と同じ形状で同じ面積Aの穴を有しており、前記発生源側基板と吸着材側基板の間に、被測定対象のSVOC発生源、スペーサ、人工皮膚、をこの順に配置して着脱自在に固定する固定手段を備えており、前記SVOC発生源表面から拡散したSVOCが前記スペーサの前記穴で形成された気相中を移動し、さらに前記人工皮膚内を移動し、前記吸着材に吸着させることを特徴とするパッシブ型のSVOC経皮曝露量測定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT