画像超解像装置およびそのプログラム

開放特許情報番号
L2014001614
開放特許情報登録日
2014/9/5
最新更新日
2014/9/5

基本情報

出願番号 特願2010-261913
出願日 2010/11/25
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-113513
公開日 2012/6/14
登録番号 特許第5522736号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 画像超解像装置およびそのプログラム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 画像超解像装置およびそのプログラム
目的 学習用データを用意することが不要で、画像縮小以外の劣化過程を経た入力画像に対しても、高画質な超解像画像を生成することが可能な画像超解像装置およびそのプログラムを提供する。
効果 画像縮小による劣化過程のみならず、圧縮符号化による劣化過程による損失成分を付加して超解像画像を生成することができる。これによって、本発明は、学習を行うことなく、既知の符号化方式で符号化および復号された入力画像から、高周波成分を付加し、符号劣化した成分を補完することで、高画質な超解像画像を生成することができる。
技術概要
画像超解像装置1は、入力画像から処理ブロックを切り出す処理ブロック切り出し手段10と、拡大処理ブロックを生成する処理ブロック拡大手段20と、入力画像から複数の参照ブロックを切り出す参照ブロック切り出し手段31と、参照ブロックに劣化過程を模擬して劣化参照ブロックを生成する劣化モデル手段32と、劣化参照ブロックを拡大して復元参照ブロックを生成する劣化参照ブロック拡大手段41と、復元参照ブロックと参照ブロックとの差分を損失成分として算出する損失成分算出手段42と、拡大処理ブロックと損失成分とを合成して超解像ブロックを生成する超解像ブロック合成手段50と、超解像ブロックを構成することで超解像画像を生成する超解像画像構成手段60と、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT