映像信号処理装置及びカメラ装置

開放特許情報番号
L2014001610
開放特許情報登録日
2014/9/5
最新更新日
2014/9/5

基本情報

出願番号 特願2010-254981
出願日 2010/11/15
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-109673
公開日 2012/6/7
登録番号 特許第5537390号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 映像信号処理装置及びカメラ装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 映像信号処理装置及びビューファインダを備えたカメラ装置
目的 撮影者の負担を増加させることなく、視聴者にとって見やすい撮影映像を提供することができる映像信号処理装置及びカメラ装置を提供する。
効果 視聴者に見やすい映像を表示することができるという効果を有する映像信号処理装置及びカメラ装置を提供することができるものである。
技術概要
カメラの撮影映像を処理する映像信号処理装置であって、
前記カメラが動かされるときの動き方向及び加速度を検出するカメラ動作検出手段と、前記加速度が予め定められた加速度閾値未満か否かを判定する判定手段と、前記カメラが撮影した撮影映像から予め定められた撮影範囲の撮影映像を切り出し、切り出した撮影映像の信号を出力する映像切出手段と、を備え、
前記映像切出手段は、前記判定手段により、前記加速度が前記加速度閾値未満と判定されたとき予め定められた基準撮影範囲の撮影映像を切り出し、前記加速度が前記加速度閾値以上と判定されたとき前記基準撮影範囲の撮影映像に対し前記動き方向に前記加速度に応じた距離だけ移動した撮影映像を切り出すことを特徴とする映像信号処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT