フレームレート変換装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2014001609
開放特許情報登録日
2014/9/5
最新更新日
2014/9/5

基本情報

出願番号 特願2010-246459
出願日 2010/11/2
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-100099
公開日 2012/5/24
登録番号 特許第5511628号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 フレームレート変換装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 動画像のフレームレートを変換する装置及びプログラム
目的 動きぶれの少ない滑らかに変化する動画像を得ることができ、時間方向の高画質化を実現する。
効果 動きぶれの少ない滑らかに変化する動画像を得ることができる。したがって、時間方向の高画質な動画像を得ることが可能なフレームレート変換を実現することができる。
技術概要
時間位置合わせ手段5は、指定画素の画素時系列(G(t;x,y))↓(t∈U)と周辺画素の画素時系列(G(t;ξ,η))↓(t∈S)とを比較し、類似度を最大化する時間ずれ量δtを求め、これを時間移動量Δtとする。内挿手段6は、指定画素の画素時系列(G(t;x,y))↓(t∈U)及び周辺画素の画素時系列(G(t;ξ,η))↓(t∈S)を時間方向に内挿補間し、連続関数g(t;x,y)及び連続関数g(t;ξ,η)をそれぞれ生成する。そして、指定画素の連続関数g(t;x,y)と時間方向に時間移動量Δtずらした連続関数g(t+Δt;ξ,η)とを、単純平均等により合成し、内挿値F(t;x,y)を生成する。これにより、動きぶれの少ない滑らかに変化する動画像を得ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT