映像信号処理装置及び映像信号処理プログラム

開放特許情報番号
L2014001499
開放特許情報登録日
2014/8/22
最新更新日
2014/8/22

基本情報

出願番号 特願2010-108890
出願日 2010/5/11
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-239173
公開日 2011/11/24
登録番号 特許第5538060号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 映像信号処理装置及び映像信号処理プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 映像信号処理装置、プログラム
目的 単一のアルゴリズムを用いて電子透かしの埋め込み処理及び原画像の復元処理の両方を行う。
効果 排他的論理和演算手段の可換性を利用して、映像信号中に電子透かしを埋め込んでいるので、単一のアルゴリズムを用いて電子透かしの埋め込み処理及び復元処理を行うことができる。また、電子透かしが埋め込まれた映像信号を原映像信号に復元する場合、原映像信号と同一の映像信号が得られる利点が達成される。
技術概要
映像信号処理装置は、電子透かしが埋め込まれる映像信号又は電子透かしが埋め込まれている映像信号を受け取る映像入力手段11と、映像信号に埋め込まれ又は埋め込まれている透かし画像のパターン形状情報及び透位置情報を含むパターンデータを出力するパターンデータ蓄積手段12と、映像入力手段から出力される映像信号と前記パターンデータ蓄積手段から出力されるパターンデータとを受け取り、入力した映像信号中のパターンデータにより規定される画素領域について論理演算処理を行い、入力した映像信号を前記パターンデータにより規定されるパターン形状の電子透かしが埋め込まれた映像信号に変換し、又は前記電子透かしが埋め込まれている映像信号を電子透かしが埋め込まれる前の原映像信号に変換する論理演算手段13とを有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT