デジタルデータの送信装置及び受信装置

開放特許情報番号
L2014001478
開放特許情報登録日
2014/8/22
最新更新日
2014/8/22

基本情報

出願番号 特願2009-283889
出願日 2009/12/15
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-129982
公開日 2011/6/30
登録番号 特許第5520588号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 デジタルデータの送信装置及び受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 デジタルデータの伝送技術、デジタルデータの送信装置、デジタルデータの受信装置
目的 既存受信装置に対して妨害を与えることなく、かつ送受信装置のコストインパクトが小さい方法で、位相基準バースト信号を使った付加情報を伝送可能な、デジタルデータの送信装置及び受信装置を提供する。
効果 既存の受信装置に影響を与えることなく、簡易な構成で付加情報を伝送できるデジタルデータの送信装置及び受信装置を実現することができる。
本発明によれば、位相基準バースト信号を廃棄することなく付加情報として利用をすることができるので、デジタルデータを効率良く送信又は受信する任意の用途に有用である。
技術概要
送信装置(300、500)は、同期符号W1、又はW2若しくはW3に後続する位置に、付加情報を表すバースト情報と同期符号の末尾6ビットとを挿入して符号化し、挿入して符号化した信号を位相基準バースト信号として伝送し、受信装置(400)は、位相基準バースト信号のシンボルを集積して、同期信号w1、又はw2若しくはw3に後続する位置に付加信号及び同期信号の末尾12シンボルを再配置して復号する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT