開発支援システム及び開発支援プログラム

開放特許情報番号
L2014001471
開放特許情報登録日
2014/8/21
最新更新日
2014/8/21

基本情報

出願番号 特願2003-136471
出願日 2003/5/14
出願人 株式会社日本総合研究所
公開番号 特開2004-341748
公開日 2004/12/2
登録番号 特許第4207195号
特許権者 株式会社JSOL
発明の名称 開発支援システム及び開発支援プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 開発支援システム及び開発支援プログラム、コンピュータを用いた業務支援技術
目的 各種製品の開発プロジェクトにおいて、開発担当者に必要な情報を的確に提示して、開発業務の効率の向上を図る。
効果 ナレッジ情報の提示要求時に、当該担当者が現在担当している構成要素と現在の開発フェーズとに関連する情報のみを抽出して提示することが可能となる。
不必要なものを排除しながら、関連性のある情報については漏れなく提示することができ、プロジェクトの実行とは無関係にナレッジ情報を作成するためだけの作業が不要となる。
本発明により、各担当者にとって必要な情報のみが必要な時期に的確に提示されることになり、結果、この種の情報提示システム等の信頼性が向上し、新製品開発作業の効率の向上に寄与することになる。
技術概要
ナレッジ情報を開発対象製品の構成要素と開発フェーズとを関連付けて登録すると共に、プロジェクトの実行中に、現時点の開発フェーズと各担当者の現時点の担当構成要素を記録する。そして、ナレッジ情報の提示要求時に、記録している現時点の開発フェーズと担当者の現時点の担当構成要素とを読み出すと共に、予め登録されているナレッジ情報の中から、読み出した現時点の開発フェーズと担当構成要素とに関連付けられたナレッジ情報を抽出することにより、各担当者に対し、必要な情報を必要な時期に提示する。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社 JSOL

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT