紫外線蛍光体、光源および紫外線蛍光体の製造方法

開放特許情報番号
L2014001458
開放特許情報登録日
2014/8/20
最新更新日
2016/4/19

基本情報

出願番号 特願2012-000433
出願日 2012/1/5
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2013-139525
公開日 2013/7/18
登録番号 特許第5880833号
特許権者 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 紫外線蛍光体、光源および紫外線蛍光体の製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 紫外線蛍光体およびそれを用いる光源ならびに紫外線蛍光体の製造方法
目的 高い発光強度と化学的安定性を兼ね備えた紫外線蛍光体を提供する。
効果 本発明に係る紫外線酸化物蛍光体は、高い発光強度を示し、化学的安定性を兼ね備え、高品質な薄膜を作製できるため、紫外線光源用の蛍光体として好ましい。
また、本発明に係る光源は、外線蛍光体の効果を好適に得ることができ、上記の紫外線蛍光体を用いた発光デバイスへの応用に適している。
また、本発明に係る紫外線蛍光体の製造方法は、上記の紫外線蛍光体を好適に得ることができる。
技術概要
本発明に係る紫外線蛍光体は、発光中心がGd↑(3+)であり、増感イオンがPr↑(3+)であり、母体がY↓(1−z)Ln↓zAlO↓3からなるペロブスカイト構造であって、LnはLaおよびLuのなかから選ばれる1または2の元素である。また、紫外線蛍光体は、好ましくは、組成式(Y↓(1−z)Ln↓z)↓(1−x−y)Gd↓xPr↓yAlO↓3で示され、xが0.005〜0.20、yが0.00〜0.20、zが0.0〜0.30、である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT