家禽類の肉質軟化用飼料および肉質が軟化した家禽肉の製造方法

開放特許情報番号
L2014001376
開放特許情報登録日
2014/8/11
最新更新日
2015/10/26

基本情報

出願番号 特願2013-009516
出願日 2013/1/22
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2013-198478
公開日 2013/10/3
発明の名称 家禽類の肉質軟化用飼料および肉質が軟化した家禽肉の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 肉質を軟化させる家禽類の肉質軟化用飼料、および当該飼料を用いる肉質が軟化した家禽肉の製造方法
目的 家禽肉を飼育時において軟化させる手段を提供すること。
効果 短期間に家禽肉の軟化を誘導することが可能である。本発明の飼料は、通常の低タンパク質飼料に家禽類のアミノ酸要求量を充足する数種の必須アミノ酸を添加することにより調製でき、家禽類の飼養期間中の一定期間に給与するだけで、やわらかい食用家禽肉を供給できる。よって、本発明の飼料は現在の家畜産業の飼養形態を全く変えることなく使用でき、特別な設備や資材を必要としない。また、低タンパク質飼料でありながら、飼育成績や食肉中の呈味成分量に及ぼす影響もない。
技術概要
家禽類の必須アミノ酸要求量を充足し、かつ、粗タンパク質含量が15重量%以下であることを特徴とする家禽類の肉質軟化用飼料、および当該飼料を家禽類に給与することを含む、肉質が軟化した家禽肉の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT