フェニルプロパノイド重合物量の簡易推定法

開放特許情報番号
L2014001374
開放特許情報登録日
2014/8/11
最新更新日
2016/6/21

基本情報

出願番号 特願2012-091793
出願日 2012/4/13
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2013-221773
公開日 2013/10/28
登録番号 特許第5920712号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 フェニルプロパノイド重合物量の簡易推定法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 フェニルプロパノイド重合物の含有量を推定する方法、並びにそれを利用した子実及び土壌の品質管理方法
目的 簡便性及び安全性と正確性とを両立したフェニルプロパノイド重合物の定量手段を提供する。
効果 検出感度を容易に向上させることができる点で、従来の分光法や比色法より優れている。また、試料懸濁液であっても手軽にフェニルプロパノイド重合物含有量に関する指標を得られることを確認し、分解過程まで観察できる点も、従来技術より簡便性を高めていると言える。さらに、ホルムアルデヒドなどの劇物を過酸化水素による発光の増強剤として使用しなくても実用に耐えうることを確認し、試薬類の取り扱いの簡便性を高めている点において、従来技術であるフミン酸の化学発光定量法(特許文献3)よりも優れている。
技術概要
フェニルプロパノイド重合物を含有する試料から試料液を調製し、この試料液に、活性酸素源を添加し、活性酸素種によるフェニルプロパノイド重合物の分解に起因する化学発光量を指標として試料中のフェニルプロパノイド重合物の含有量を推定することを特徴とするフェニルプロパノイド重合物含有量の推定法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT