ESRI用造影剤

開放特許情報番号
L2014001365
開放特許情報登録日
2014/8/5
最新更新日
2016/1/25

基本情報

出願番号 特願2012-003882
出願日 2012/1/12
出願人 国立大学法人 大分大学
公開番号 特開2013-142079
公開日 2013/7/22
登録番号 特許第5836135号
特許権者 国立大学法人 大分大学
発明の名称 ESRI用造影剤
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 電子スピン共鳴イメージングにおける造影剤
目的 ESRIを用いた画像化手段の提供。
効果 本発明の造影剤に組み込んだラジカル種は安定であり、細胞膜の透過性にも優れているため、ESR法を用いて簡便且つ非侵襲的にアミノ酸の生体内における移動や変化を画像として追跡できる。特に、本発明の造影剤は、悪性腫瘍への集積性を有するため、生体における悪性腫瘍の分布や増殖の有無の測定、更には悪性腫瘍の治療有効性の視覚的な測定を可能にする。これは、悪性腫瘍におけるアミノ酸を取り込む速度が、その他の細胞よりも速いことに起因する。
技術概要
スピンラベル化アミノ酸からなる、電子スピン共鳴イメージング(ESRI)用造影剤であって、アミノ酸はメチオニンであり、スピンラベル化アミノ酸を10mM以上含有する液体である。この造影剤は、悪性脳腫瘍を画像化する。アミノ酸をスピンラベル化する工程、すなわちESRI用造影剤の製造方法も含まれる。生体にある腫瘍の局在および質的診断を目的としている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT