行動理解システムおよびプログラム

開放特許情報番号
L2014001325
開放特許情報登録日
2014/7/29
最新更新日
2016/1/27

基本情報

出願番号 特願2014-087833
出願日 2014/4/22
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-207179
公開日 2015/11/19
発明の名称 行動理解システムおよびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 センサネットワーク環境の下で人間の行動を認識し、異常行動の検知や行動の識別などの行動分析を行う技術
目的 センサデータの部分系列の出現頻度をノイズに頑健かつ効率良く分析することで行動に関連する特徴を教師信号なしで抽出し、行動のモデルを自動的に構築することができ、システム導入時の負担が軽減され再導入に柔軟性のある低コストな行動認識技術を提案する。
効果 センサデータに行動ラベルを付与する等の作業が不要となり、センサを設置する以外の作業を必要としないシステム導入の負担が軽減され再導入に柔軟性のある低コストな異常行動検知が可能となる。
また、個人の典型的な行動を網羅的に記述する行動素に基づいて識別を行うことで高い識別精度を実現することができる。
さらに、利用者の行動パターンを分析する手段を、高コストな行動ラベルの付与なしでも提供することが可能になる。
技術概要
教師信号なしに行動に関連する特徴を抽出する従来技術においては、焦電センサやスイッチセンサ等の情報量の乏しいセンサデータの部分系列の情報を最大限に活用できておらず、比較的少量のデータから低コストに行動のモデルを構築することができていない。
本発明は、センサデータの部分系列の出現頻度をノイズに頑健かつ効率良く分析することで行動に関連する特徴を行動素として抽出し、行動のモデルを、教師信号を用いずに、システム導入の負担が軽減され、再導入に柔軟性のある低コストで構築する行動認識技術を提案する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT