凝集紡糸構造体の製造方法

開放特許情報番号
L2014001322
開放特許情報登録日
2014/7/29
最新更新日
2016/1/27

基本情報

出願番号 特願2014-083399
出願日 2014/4/15
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-203168
公開日 2015/11/16
発明の名称 凝集紡糸構造体の製造方法
技術分野 繊維・紙
機能 材料・素材の製造
適用製品 凝集紡糸構造体の製造方法
目的 導電性に優れた凝集紡糸構造体の製造方法を提供する。
効果 本発明によれば、導電性に優れたカーボンナノチューブの凝集紡糸構造体を得ることができる。
技術概要
 
カーボンナノチューブと界面活性剤を含む分散液を凝固浴に吐出する、凝集紡糸構造体の製造方法であって、前記分散液及び凝固浴のpHはいずれも3〜11であり、前記分散液及び凝固浴の溶媒はいずれも水であり、前記分散液と凝固浴のいずれかに塩類を含むことを特徴とする凝集紡糸構造体の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT