カーボンナノチューブ標準黒体炉装置

開放特許情報番号
L2014001320
開放特許情報登録日
2014/7/29
最新更新日
2016/1/27

基本情報

出願番号 特願2014-081870
出願日 2014/4/11
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-203589
公開日 2015/11/16
発明の名称 カーボンナノチューブ標準黒体炉装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 温度標準黒体炉装置、カーボンナノチューブ標準黒体放射源装置
目的 装置を長大化することなく空洞の放射率を1に近づけた標準黒体炉装置を提供するとともに、異なる波長の放射温度計の高精度な校正方法を提供する。
効果 空洞底部にCNTの表面処理をした部材を配置するだけの簡単な構成で放射率を1に近づけることができるので製作が容易であり、また、既存の黒体炉装置の空洞にCNTの表面処理をした部材を装着するだけでも放射率が1に近い黒体炉装置を実現できる。
また、本発明のカーボンナノチューブ標準黒体炉装置を用いれば、波長依存性が大幅に低減され、波長の異なる放射温度計の校正が高精度に実現可能である。
技術概要
空洞を備えた標準黒体炉装置において、
前記空洞底部にカーボンナノチューブの表面処理をした部材を配置したことを特徴とするカーボンナノチューブ標準黒体炉装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT