空気清浄システム

開放特許情報番号
L2014001318
開放特許情報登録日
2014/7/29
最新更新日
2016/1/27

基本情報

出願番号 特願2014-078670
出願日 2014/4/7
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-199018
公開日 2015/11/12
発明の名称 空気清浄システム
技術分野 機械・加工、食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 防毒マスクや毒ガスシェルターに適した空気清浄システム
目的 多種の有毒ガス成分に対応するため、必要最小限の消費電力で、副系統の物理吸着財及び化学吸着剤を再生し、かつ脱離ガスの放出による環境汚染を許容可能なレベルまで低減させる。
効果 本発明は、多種類の汚染ガスに対して、即時かつ長時間の利用が可能な防毒マスクとして利用できる。特に、汚染ガス種が不明な緊急時における即時・長時間の対応に適している。
また、毒ガスシェルター用空気清浄機として利用が可能であり、通常の建物への応用のほか、簡易テントや車両のような移動型シェルター用の空気清浄機として、長時間の空気清浄機能を発揮することができる。
技術概要
三方弁8、四方弁11を切り替えることにより、複数の吸収缶9、10のうち、一方の吸収缶については、汚染空気取入口を外気取り入れ口に、そして、浄化空気排出口を浄化空気排出部に接続する。他方の吸収缶については、浄化空気排出口を封止するとともに、浄化空気排出口に空気ポンプ13からの負圧を印加し、プラズマ発生装置を作動させる。これにより、他方の吸収缶においては、物理吸着剤に吸着された有毒ガス成分が減圧によりガス脱離し、かつプラズマ発生装置により発生したプラズマにより、化学吸着剤に吸着された有毒ガス成分を脱離する。有毒ガス成分の脱離後、再度、三方弁8、四方弁11を切り替え、浄化に供する吸収缶の切り替えを行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT