ウミホタルルシフェラーゼ生産法

開放特許情報番号
L2014001317
開放特許情報登録日
2014/7/29
最新更新日
2017/8/31

基本情報

出願番号 特願2016-511605
出願日 2015/3/26
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2015/152018
公開日 2015/10/8
発明の名称 ウミホタルルシフェラーゼ生産法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 ウミホタルルシフェラーゼ及びウミホタルルシフェラーゼ融合タンパクの生産法、精製法
目的 ウミホタルルシフェラーゼ高効率且つ高純度で製造する技術を提供することである。本発明は、植物細胞を用いたウミホタルルシフェラーゼの製造法及びウミホタルルシフェラーゼ遺伝子を導入した植物細胞を提供する。
効果 免疫測定法に活用できる高純度のウミホタルルシフェラーゼを効率良く、簡便に製造することが可能である。また、本発明の方法により得られたウミホタルルシフェラーゼとアビジン、ストレプトアビジン、ニュートラアビジンなどとの複合体も作成でき、免疫測定法(特に直接法、間接法、サンドイッチELISA法、ELISPOT法などの酵素免疫測定法)、DNAプローブ法、あるいは受容体、リガンド、糖鎖などの各種アッセイ、特に蛋白質、DNAを定量するためのアッセイに好適に使用することができる。
技術概要
ウミホタルルシフェラーゼ遺伝子を植物細胞のゲノムに導入する工程を含む、ウミホタルルシフェラーゼの製造法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT