無段変速機及びロボット関節構造

開放特許情報番号
L2014001268
開放特許情報登録日
2014/7/18
最新更新日
2015/8/19

基本情報

出願番号 特願2010-294390
出願日 2010/12/29
出願人 学校法人立命館
公開番号 特開2012-141016
公開日 2012/7/26
登録番号 特許第5760263号
特許権者 学校法人立命館
発明の名称 無段変速機及びロボット関節構造
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 無段変速機及びその無段変速機を用いたロボット関節構造
目的 摩擦力に頼ることなく変速比を無段階に変化させることができ、且つ、設定した変速比を一定にすることができる無段変速機を提供する。
効果 本発明の無段変速機によれば、大きな摩擦力に頼ることなく変速比を無段階に変化させることができ、小型化を図ることができるので、リハビリロボットや福祉ロボット等のロボット関節構造等に有効に利用することができる。また、入力部材に入力された回転駆動力を所望の変速比によって出力部材に伝達することもできる。
本発明のロボット関節構造によれば、ロボット関節の可動範囲を広くすることができ、また、小型化を図ることができるので、リハビリロボットや福祉ロボット等のロボット関節構造として有効に利用することができる。
技術概要
直線方向に移動可能な第1ポスト部材P1が固定された入力部材2と、第1ポスト部材P1が移動可能な直線と平行且つ第1ポスト部材P1の移動方向に対して逆向きに移動する第2ポスト部材P2が固定された出力部材3と、前記直線方向に対して垂直な方向に移動する移動部材4を有する移動手段5と、移動部材4に回転自在に支持され且つ第1ポスト部材P1及び第2ポスト部材P2をスライド可能に保持するスライド孔61、62が形成された無段変速リンク6とを備え、移動手段5により無段変速リンク6の回転軸から第1ポスト部材P1が移動する直線までの距離と第2ポスト部材P2が移動する直線までの距離との距離比を調節することで変速比を無段階に変化させる無段変速機1。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 立命館大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT