磁歪振動発電用合金

開放特許情報番号
L2014001228
開放特許情報登録日
2014/7/15
最新更新日
2017/2/24

基本情報

出願番号 特願2012-057892
出願日 2012/2/28
出願人 国立大学法人弘前大学
公開番号 特開2013-177664
公開日 2013/9/9
発明の名称 磁歪振動素子及び磁歪振動素子の磁歪合金の製造方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 振動物体の機械的振動エネルギーから電気エネルギーを回収する際に使用する新材料
目的 振動エネルギーから電気エネルギーを回収するために利用可能な高機能磁歪合金を提供する。
効果 本発明により、超小型の振動発電素子を、機械構造物等の振動体に多数分散、配置した振動発電機群は、全体として、いままで見過ごされて捨てられてきた、微小な回転機器や移動体車両に不可避な高周波振動現象や騒音発生源、さらには、自然エネルギー(風力、波動、地震)構造物で不規則的に発生し、従来はあまり回収出来ていない分散型の不連続微小エネルギー発電を可能とさせる。
技術概要
鉄(Fe)とコバルト(Co)合金(Fe50−xCox、56原子%≦X≦80原子%)結晶質合金とし、最適な熱処理加工条件を適用する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT