ヒアルロニダーゼ阻害剤

開放特許情報番号
L2014001223
開放特許情報登録日
2014/7/15
最新更新日
2014/7/15

基本情報

出願番号 特願2009-221568
出願日 2009/9/25
出願人 国立大学法人弘前大学
公開番号 特開2011-068605
公開日 2011/4/7
登録番号 特許第5548979号
特許権者 国立大学法人弘前大学
発明の名称 ヒアルロニダーゼ阻害剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ヒアルロニダーゼ阻害剤
目的 医薬品の有効成分たる化学物質としての均一性を担保することが可能であり、糖鎖加水分解活性および/または糖転移活性に対して阻害活性を有するオリゴ糖を有効成分とするヒアルロニダーゼ阻害剤を提供する。
効果 本発明によれば、医薬品の有効成分たる化学物質としての均一性を担保することが可能であり、糖鎖加水分解活性および/または糖転移活性に対して阻害活性を有するオリゴ糖を有効成分とするヒアルロニダーゼ阻害剤を提供することができる。
技術概要
下記の(1)〜(6)から選択される少なくとも1種を有効成分とするヒアルロニダーゼ阻害剤。
(1)[4GlcUAβ1−3GalNAc(4S)β1]の二糖単位が2つ結合した4糖からなるオリゴ糖またはその塩。
(2)[4GlcUAβ1−3GalNAc(4S)β1]の二糖単位が3つ結合した6糖からなるオリゴ糖またはその塩。
(3)[4GlcUAβ1−3GalNAc(6S)β1]の二糖単位が2つ結合した4糖からなるオリゴ糖またはその塩。
(4)[4GlcUAβ1−3GalNAc(6S)β1]の二糖単位が3つ結合した6糖からなるオリゴ糖またはその塩。
(5)[4GlcUAβ1−3GlcNAcβ1]の二糖単位が2つ結合した4糖からなるオリゴ糖またはその塩。
(6)[4GlcUAβ1−3GlcNAcβ1]の二糖単位が3つ結合した6糖からなるオリゴ糖またはその塩。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT