膀胱癌の悪性度の検査方法

開放特許情報番号
L2014001212
開放特許情報登録日
2014/7/15
最新更新日
2014/7/15

基本情報

出願番号 特願2006-031618
出願日 2006/2/8
出願人 国立大学法人弘前大学
公開番号 特開2007-212252
公開日 2007/8/23
登録番号 特許第4815589号
特許権者 国立大学法人弘前大学
発明の名称 膀胱癌の悪性度の検査方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 膀胱癌の悪性度診断方法
目的 再発や転移の危険性、予後の予測を客観的・定量的に行える膀胱癌の悪性度診断方法を提供する。
効果 膀胱癌の再発や転移の危険性、予後の予測を客観的・定量的に行えるので、その結果に応じた適切な措置を患者に対して施せる。
技術概要
膀胱癌の悪性度の検査方法であって、体内から採取した膀胱癌組織におけるN型糖鎖の発現分布を膀胱正常上皮組織における発現分布と比較し、下記の構造式(1)および/または構造式(2)で表される構造を持つオリゴ糖および/またはそのシアル酸結合体の検出量が膀胱正常上皮組織由来の検出量よりも多い方が、悪性度が低い乃至良性であるとの検査結果とする方法。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT