台木と穂木の接ぎ木を介して行う植物の形質転換方法

開放特許情報番号
L2014001202
開放特許情報登録日
2014/7/14
最新更新日
2016/12/23

基本情報

出願番号 特願2012-547865
出願日 2011/12/6
出願人 国立大学法人弘前大学
公開番号 WO2012/077664
公開日 2012/6/14
登録番号 特許第6024901号
特許権者 国立大学法人弘前大学
発明の名称 植物の形質転換個体の取得方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造、その他
適用製品 植物の形質転換方法
目的 TGSを発動させるためのsiRNAを用い、台木と穂木の接ぎ木を介して植物の形質転換を行う方法を提供する。
効果 本発明によれば、TGSを発動させるためのsiRNAを用い、台木と穂木の接ぎ木を介して植物の形質転換を行う方法を提供することができる。
技術概要
台木と穂木の接ぎ木を介して行う植物の形質転換方法であって、転写型遺伝子サイレンシングを発動させるためのsiRNAを穂木において産生せしめ、穂木において産生されたsiRNAを接ぎ木を介して台木に輸送し、転写型遺伝子サイレンシングを台木において発動させることによって台木の形質転換を行うことを特徴とする方法。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT