糖鎖改変ウリナスタチンの製造方法

開放特許情報番号
L2014001192
開放特許情報登録日
2014/7/14
最新更新日
2014/7/14

基本情報

出願番号 特願2007-090839
出願日 2007/3/30
出願人 国立大学法人弘前大学
公開番号 特開2008-247802
公開日 2008/10/16
登録番号 特許第5152777号
特許権者 国立大学法人弘前大学
発明の名称 糖鎖改変ウリナスタチンの製造方法
技術分野 食品・バイオ、有機材料、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 糖鎖改変ウリナスタチンの製造方法
目的 計画的な改変デザインの下で、改変前のウリナスタチンが持つグリコサミノグリカン糖鎖を異なるグリコサミノグリカン糖鎖に付け替えることで得られる糖鎖改変ウリナスタチンの製造方法を提供する。
効果 計画的な改変デザインの下で、改変前のウリナスタチンが持つグリコサミノグリカン糖鎖を異なるグリコサミノグリカン糖鎖に付け替えることで得られる糖鎖改変ウリナスタチンの製造方法を提供することができる。
技術概要
ウリナスタチンが持つグリコサミノグリカン糖鎖の非還元末端側の少なくとも一部を、エンド型グリコシダーゼを用いた加水分解反応によって遊離させた後、供与体とするグリコサミノグリカンとしてのヒアルロン酸を糖転移反応によって代わりに結合させ、−Xyl−Gal−Gal−GlcA−の橋渡し4糖構造を含む4〜6糖分の糖鎖に少なくとも40糖のヒアルロン酸が結合した糖鎖とすることを特徴とする糖鎖改変ウリナスタチンの製造方法。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT