4−アルキルウンベリフェロンの新規医薬用途

開放特許情報番号
L2014001186
開放特許情報登録日
2014/7/14
最新更新日
2014/7/14

基本情報

出願番号 特願2005-187157
出願日 2005/6/27
出願人 国立大学法人弘前大学
公開番号 特開2007-001955
公開日 2007/1/11
登録番号 特許第4997492号
特許権者 国立大学法人弘前大学
発明の名称 4−アルキルウンベリフェロンの新規医薬用途
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 4−アルキルウンベリフェロンの新規医薬用途
目的 MUに代表される4-アルキルウンベリフェロンの新規医薬用途を提供する。
効果 MUに代表される4-アルキルウンベリフェロンの新規医薬用途としての、HAS2遺伝子発現抑制剤、HYAL1遺伝子発現抑制剤、MMP-9遺伝子発現抑制剤が提供される。
技術概要
4−アルキルウンベリフェロンまたはその薬学的に許容される塩を有効成分とすることを特徴とするヒアルロン酸分解酵素HYAL1遺伝子発現抑制剤(但し、がんの予防・治療の用途と皮膚外用剤としての用途を除く)。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT