糖鎖の構築方法

開放特許情報番号
L2014001183
開放特許情報登録日
2014/7/14
最新更新日
2014/9/1

基本情報

出願番号 特願2008-120160
出願日 2008/5/2
出願人 国立大学法人弘前大学
公開番号 特開2009-268384
公開日 2009/11/19
登録番号 特許第5278871号
特許権者 国立大学法人弘前大学
発明の名称 糖鎖の構築方法
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 糖鎖の構築方法
目的 人工プロテオグリカンや人工グリコサミノグリカンの作製のためなどに有用な糖鎖の構築方法を提供する。
効果 人工プロテオグリカンや人工グリコサミノグリカンの作製のためなどに有用な糖鎖の構築方法を提供することができる。
技術概要
非還元末端に不飽和ヘキスロン酸を有するオリゴ糖の不飽和ヘキスロン酸の不飽和結合のオキシ水銀化(ただし使用する水銀塩はオリゴ糖に対して最大で5モル当量とする)とそれに続く還元的脱水銀化を行うことで非還元末端の不飽和ヘキスロン酸をヘキスロン酸に変換した後、ヘキスロン酸のグリコシル化を行うことを特徴とする糖鎖の構築方法。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT