レーザー装置及びレーザー光増幅方法

開放特許情報番号
L2014001155
開放特許情報登録日
2014/7/8
最新更新日
2017/3/22

基本情報

出願番号 特願2012-246439
出願日 2012/11/8
出願人 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
公開番号 特開2014-096445
公開日 2014/5/22
発明の名称 レーザー装置及びレーザー光増幅方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 レーザー装置、レーザー光増幅方法
目的 パルスの平均エネルギーが高く、かつ繰り返し周波数が高い超短パルスのレーザー光を発する。
効果 パルスの平均エネルギーが高く、かつ繰り返し周波数が高い超短パルスのレーザー光を発することができる。
技術概要
レーザー光取り込み鏡13とレーザー光取り出し鏡14との間の光路(光路長L)に光が閉じこめられ、その間において、Thin−Diskレーザー媒質11によって増幅が行われる。繰り返しレーザー光20がその入射光として用いられる。この際、光路長Lを特定の値に設定することによって、繰り返しレーザー光20における繰り返し周波数を維持した状態で、電場干渉の効果によってその平均強度を高め、出力レーザー光100として出力する。この場合の光路長Lにおいては整数倍の任意性があるため、大きな値を適宜設定することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT