セルロース成形物の製造方法

開放特許情報番号
L2014001095
開放特許情報登録日
2014/7/2
最新更新日
2014/7/2

基本情報

出願番号 特願2010-163757
出願日 2007/4/4
出願人 清水 敬四郎
公開番号 特開2010-242100
公開日 2010/10/28
登録番号 特許第5234552号
特許権者 清水 敬四郎
発明の名称 セルロース成形物の製造方法
技術分野 有機材料、繊維・紙
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 セルロース成形物の製造方法
目的 セルロース粒子又はセルロース繊維から成る耐衝撃性が向上されたセルロース成形物の製造方法を提供する。
効果 セルロース粒子又はセルロース単繊維内にゴム成分をネット状に架橋できるため、耐衝撃性を向上できる。
セルロース粒子は、樹脂成型品のバリ取用や樹脂成型金型の掃除用のブラスト粒子として用いることができ、セルロース繊維は、フィルタ等の工業用途に用いることができる。
技術概要
セルロースから成るセルロース成形物である粒子又は単繊維を、未架橋のエラストマーが分散されている分散液に浸漬し、分散液を前記粒子又は単繊維内に含浸する工程と、分散液を含浸した前記粒子又は単繊維を乾燥する乾燥工程と、該乾燥した粒子又は単繊維を、架橋剤が混入された架橋剤溶液中に浸漬し、架橋剤溶液を前記粒子又は単繊維内に含浸する工程と、架橋剤溶液を含浸した前記粒子又は単繊維を乾燥する乾燥工程と、該乾燥した粒子又は単繊維を加熱して該粒子又は単繊維内に含浸している未架橋のエラストマーを架橋させる架橋工程とを具備し、架橋剤により架橋された前記エラストマーであるゴム成分が前記粒子又は単繊維そのものの中に5重量%以上混入しているセルロース成形物を得る。

特許請求項1〜6の解決法参照。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 特許権譲渡についての可・否は状況により決める。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT