Matsuda Indexの予測方法、並びにインスリン抵抗性及び糖代謝異常の検出方法

開放特許情報番号
L2014001055
開放特許情報登録日
2014/6/17
最新更新日
2016/10/3

基本情報

出願番号 特願2015-030436
出願日 2015/2/19
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-180865
公開日 2015/10/15
発明の名称 MatsudaIndexの予測方法及び装置、並びにインスリン抵抗性及び糖代謝異常の検出方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 インスリン抵抗性、糖代謝の異常を検出のための方法及び装置
目的 インスリン抵抗性、糖代謝の異常の簡便な検出方法を提供する。
効果 耐糖能異常は、空腹時血糖値(血糖値0分)により評価することができる。
インスリン抵抗性は、モデル1,2又は3において2種又は3種の説明変数を用いてMatsuda Indexを予測し、それにより正常と異常を検出、評価または判別することができる。
グルコース負荷試験(OGTT)を行うことなくインスリン抵抗性及び糖代謝異常の検出/評価/判別を行うことができるので、採血の回数及び拘束時間を大きく減らすことができ、医療現場及び被験者の負担を大幅に軽減できる。
技術概要
空腹時における血液サンプル中の下記の(1)並びに(2)〜(4);(1)インスリン、(2)L/A及び{(10ZE+12ZE)/LA}、(3)L/A、(4)アディポネクチン及び血糖値のいずれか1つを測定又は算出する工程を含み、下記の(i)〜(iii);(i)インスリン、L/A及び{(10ZE+12ZE)/LA}からなる3つの説明変数の組み合わせ、(ii)インスリン及びL/Aからなる2つの説明変数の組み合わせ、(iii)インスリン、アディポネクチン及び空腹時血糖値からなる3つの説明変数の組み合わせ、のいずれかの説明変数の組み合わせに基づき、重回帰モデルもしくは非線形モデルによるMatsuda Indexの予測方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT