コンテンツ出力装置、コンテンツ選択方法及びコンテンツ選択プログラム

開放特許情報番号
L2014001041
開放特許情報登録日
2014/6/9
最新更新日
2014/6/9

基本情報

出願番号 特願2004-090375
出願日 2004/3/25
出願人 一般財団法人NHKエンジニアリングシステム、日本放送協会
公開番号 特開2005-277966
公開日 2005/10/6
登録番号 特許第4280188号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 コンテンツ出力装置、コンテンツ選択方法及びコンテンツ選択プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 コンテンツを受信して再生出力する技術
目的 複数のコンテンツから、視聴者から見た視聴品質に対応する適切なコンテンツを選択し、かつ、コンテンツが見づらくなるような頻繁な切り替え動作が発生しないコンテンツ出力装置を提供する。
効果 小さなノイズが継続的に発生する場合にも、その継続的に発生する品質の劣化を反映させてコンテンツデータと予備データとのいずれかを選択して出力することができるため、視聴者から見た視聴品質に応じて適切なデータを選択することができる。
コンテンツと予備データとが頻繁に切り替わることがなくなるため、視聴者によって見やすくなるようにコンテンツと予備データとを切り替えるコンテンツ出力装置を提供することができる。
技術概要
コンテンツ出力装置1は、コンテンツを受信するコンテンツ受信部11aと、このコンテンツの品質を、所定単位ごとに評価して評価値を算出する評価値算出手段12、この評価値を累積してスコアとするスコア更新手段13と、このスコアに基づいて、コンテンツ又は当該コンテンツに対応する予備データのいずれか一方を選択し、出力データとする選択手段14と、この出力データを出力するデータ出力手段15とを備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT