情報処理装置および情報処理方法、プログラム、並びに、情報処理システム

開放特許情報番号
L2014001034
開放特許情報登録日
2014/6/9
最新更新日
2014/9/9

基本情報

出願番号 特願2004-037039
出願日 2004/2/13
出願人 ダイキン工業株式会社、日本放送協会
公開番号 特開2005-229413
公開日 2005/8/25
登録番号 特許第3884016号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 情報処理装置および情報処理方法、プログラム、並びに、情報処理システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 情報処理装置および情報処理方法、プログラム、並びに、情報処理システム
目的 字幕データが音声や映像とずれてしまう場合でも、音声に対応したタイムコードを有するメタデータを生成する。
効果 メタデータにタイムコードを付加することができ、時刻のずれが補正されたタイムコードをメタデータに付加することが可能となる。
メタデータ用いて録画データを検索することができ、録画データのうち、ユーザが所望する箇所を、精度良く検索することができる。
技術概要
例えば、実際の放送における「7時のニュースです」の音声が開始される時刻t↓1に対して、「7時のニュースです」に対応する表示選択字幕データが含まれる画像データの開始時刻t2は、テキストデータの生成にかかる時間Δt↓1の分、遅れてしまう。例えば、遅れ時間Δtがとりうる範囲を5秒乃至15秒としたとき、テキストデータの開始位置から5秒乃至15秒早く供給された音声データの音声波形が検出されて、その開始位置および終了位置とテキストデータの開始位置および終了位置とが比較され、比較結果を基に、対応する表示選択字幕データの開始位置および終了位置の遅れ時間がそれぞれ算出されて、現在時刻を基に、タイムコードが生成される。本発明は、メタデータ生成サーバに適用できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT