金融先物ディーリング支援方法、金融先物ディーリング支援方法をコンピュータに実行させるプログラムおよび金融先物ディーリング支援装置

開放特許情報番号
L2014001005
開放特許情報登録日
2014/6/4
最新更新日
2014/6/4

基本情報

出願番号 特願2001-287804
出願日 2001/9/20
出願人 株式会社日本総合研究所
公開番号 特開2002-358413
公開日 2002/12/13
登録番号 特許第4814459号
特許権者 株式会社JSOL
発明の名称 金融先物ディーリング支援方法、金融先物ディーリング支援方法をコンピュータに実行させるプログラムおよび金融先物ディーリング支援装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 金融先物ディーリング支援方法、金融先物ディーリング支援方法をコンピュータに実行させるプログラムおよび金融先物ディーリング支援装置
目的 業務の効率化、データの精緻化を実現し、時間的および作業的効率の向上を実現するとともに、決済処理ミスによる誤報告内容作成、およびコストリスク増大に関わる建玉残高増加を防ぎ、精度の高い時間内転売買戻報告を実現し、さらに、証拠金報告に関する諸データの出と入を自社管理でき、諸分析に応用可能な諸データの一元管理を実現することが可能な金融先物ディーリング支援方法、金融先物ディーリング支援方法をコンピュータに実行させるプログラムおよび金融先物ディーリング支援装置を提供する。
効果 決済する両者の約定を同時に確認すること、決済処理を効率的かつ正確におこなうことができ、業務の効率化、データの精緻化を実現し、時間的および作業的効率の向上を実現するとともに、誤報告内容作成、および建玉残高増加を防ぎ、精度の高い時間内転売買戻報告を実現し、さらに、証拠金報告に関する諸データの出と入を自社管理でき、諸分析に応用可能な諸データの一元管理を実現することが可能な金融先物ディーリング支援方法が得られる。
また、諸データの一元管理を実現することが可能な金融先物ディーリング支援方法が得られる。
技術概要
金融先物取引所との間での約定に関する情報を保管し、建埋指定によって決済処理をおこなう金融先物ディーリングを支援するために、保管されている前記約定に関する情報の中から、決済の対象となる約定に関する情報および当日の約定に関する情報を抽出し、抽出された決済の対象となる売(買)決済対象約定一覧と、抽出された当日買(売)約定一覧を同一の表示画面に同時に表示する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社 JSOL

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT