有機透明導電体、有機導電体形成用インク及びそれらの製造方法

開放特許情報番号
L2014000978
開放特許情報登録日
2014/5/28
最新更新日
2017/7/26

基本情報

出願番号 特願2012-131454
出願日 2012/6/10
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2013-257945
公開日 2013/12/26
登録番号 特許第6150239号
特許権者 国立大学法人 千葉大学
発明の名称 有機透明導電体、有機導電体形成用インク及びそれらの製造方法
技術分野 電気・電子、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 有機透明導電体、有機導電体形成用インク及びそれらの製造方法
目的 より良好な透明性を有する透明導電体及び透明導電体形成用インクを提供する。
効果 より良好な透明性を有し、かつ作製が容易な、透明導電体及び透明導電体形成用インクを提供することができる。
技術概要
本発明の一観点に係る透明導電体の製造方法は、少なくとも1種のN−アリールカルバゾールを重合させて得られるポリ(N−アリールカルバゾール)と、金属とを接触させる工程を含むことを特徴とする。また、本発明の一観点に係る透明導電体は、少なくとも1種のN−アリールカルバゾールを重合させて得られるポリ(N−アリールカルバゾール)と、金属とを接触させる工程によって作製されるものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT