光学材料の非線形吸収測定方法

開放特許情報番号
L2014000971
開放特許情報登録日
2014/5/26
最新更新日
2015/3/26

基本情報

出願番号 特願2011-049299
出願日 2011/3/7
出願人 学校法人常翔学園
公開番号 特開2012-185081
公開日 2012/9/27
登録番号 特許第5673948号
特許権者 学校法人常翔学園
発明の名称 光学材料の非線形吸収測定方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 蛍光発光を伴う光学材料の非線形吸収(2光子吸収)を測定する方法、レーザー損傷耐性を評価する方法
目的 蛍光発光を伴う光学材料について、厚さ方向における蛍光発光の影響を取り除いて2光子吸収を測定し、光学材料のレーザー損傷耐性を評価することができる方法を提供する。
効果 本発明の方法を用いると、従来技術では表面から3mm±0.5mm程度の狭い範囲でしか2光子吸収係数を測定できなかった、蛍光発光を伴い厚みを有する光学材料について、材料内部の全範囲にわたって2光子吸収係数を精度良く測定することが可能となる。更に、蛍光発光を伴い厚みを有する光学材料について、材料内部におけるレーザー損傷耐性を精度良く評価することが可能となり、材料内部のレーザー損傷耐性の3次元イメージングを行うことが可能となる。
技術概要
光学材料内部の測定領域における2光子吸収係数を測定する方法であって、[1]材料表面からの深さの異なる少なくとも2つの測定領域に各々焦点を合わせたパルスレーザー光を、入射光強度を順次変化させながら照射して焦点位置において2光子吸収を生じさせ、2光子吸収が生じたときの、透過率と蛍光発光の総発光量とを各入射光強度について各々測定する測定ステップと、[2]各入射光強度に対し、測定した透過率を各々測定値に基づいて補正する透過率補正ステップと、[3]入射光強度の変化に対する前記補正後の透過率の変化に基づいて測定領域における2光子吸収係数を求める2光子吸収係数演算ステップとを含むことを特徴とする2光子吸収係数測定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人常翔学園

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT