サイドダムプレートならびにそれを用いた双ロール式連続鋳造装置および金属板の製造方法

開放特許情報番号
L2014000963
開放特許情報登録日
2014/5/26
最新更新日
2016/4/19

基本情報

出願番号 特願2012-079210
出願日 2012/3/30
出願人 学校法人常翔学園
公開番号 特開2013-208630
公開日 2013/10/10
登録番号 特許第5881210号
特許権者 学校法人常翔学園
発明の名称 サイドダムプレートならびにそれを用いた双ロール式連続鋳造装置および金属板の製造方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 サイドダムプレートならびにそれを用いた双ロール式連続鋳造装置および金属板の製造方法
目的 双ロール式連続鋳造装置における金属板に生じる縦バリの発生を簡易に防ぎ横バリに変換する。
更に横バリを除去することのできるサイドダムプレート、同サイドダムプレートを用いた双ロール式連続鋳造装置及び金属板の製造方法を提供する。
効果 サイドダムプレートに開口を設けるという簡単な構成で縦バリの発生を抑制できるので、装置の低コスト化を図り、かつ、バリを簡単に除去できる。
技術概要
サイドダムプレート10は、溶融または半凝固の材料から金属板150を製造する双ロール式連続鋳造装置に用いるサイドダムプレート10であって、サイドダムプレート10には、溶融または半凝固の材料に接する面に下部に向けて延在する、外部と連通した開口11が設けられている。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人常翔学園

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT