血栓溶解療法用の組み合わせ薬剤

開放特許情報番号
L2014000939
開放特許情報登録日
2014/5/22
最新更新日
2017/9/1

基本情報

出願番号 特願2015-539460
出願日 2014/9/30
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 WO2015/046574
公開日 2015/4/2
発明の名称 虚血後の再灌流に起因する出血を予防するための薬剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 出血を予防するための薬剤
目的 虚血後の再灌流に起因する出血を予防する薬剤を提供する。
効果 虚血後の再灌流に起因する出血を予防する薬剤を提供することができる。再灌流後の出血合併症のリスクが高いために適用できなかった治療方法であっても、本発明の薬剤を用いることによって適用することが可能になる。
本発明の薬剤は、血管保護作用、脳神経保護作用、及び、抗炎症作用も有し、急性期脳梗塞の治療に用いることによって予後を改善することができる。
技術概要
プログラニュリン(progranulin:PGRN)を含有する、虚血後の再灌流に起因する出血を予防するための薬剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT