リン酸塩蛍光体及びリン酸塩蛍光体の製造方法

開放特許情報番号
L2014000924
開放特許情報登録日
2014/5/22
最新更新日
2017/9/1

基本情報

出願番号 特願2015-504359
出願日 2014/3/5
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 WO2014/136840
公開日 2014/9/12
発明の名称 リン酸塩蛍光体及びリン酸塩蛍光体の製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 新規なリン酸塩蛍光体
目的 赤色に発光する新規な酸化物であるリン酸塩蛍光体を提供すること。
効果 従来の窒化物や硫化物からなる赤色発光蛍光体の欠点を解決するものとなる。例えば、耐水性のある赤色発光蛍光体を容易かつ安価に製造できることができる。
技術概要
本発明のリン酸塩蛍光体は、Euを含んだ発光イオンによって賦活されたNaMgPO4を含み、前記発光イオンの賦活濃度は1〜10mol%であり、前記NaMgPO4の結晶構造がオリビン関連構造であり、かつ、橙色〜赤色に発光することを特徴とする。やや深い赤色に発光させたい場合は、Pの一部をSi及びAlからなる群の少なくとも一種の元素で置換することが好ましい。これらのリン酸塩蛍光体を製造するための焼成工程では、出発原料の混合物を溶融させた後に、冷却することが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT