味噌水溶液に浸漬した粉状質米を原料とする加工食品

開放特許情報番号
L2014000923
開放特許情報登録日
2014/5/22
最新更新日
2017/6/26

基本情報

出願番号 特願2013-041809
出願日 2013/3/4
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 特開2014-168416
公開日 2014/9/18
登録番号 特許第6128515号
特許権者 国立大学法人 新潟大学
発明の名称 味噌水溶液に浸漬した粉状質米を原料とする加工食品
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 味噌水溶液、特に麦味噌水溶液に浸漬した粉状質米を原料とする加工食品、具体的には米飯、米粉パン、米粉ベーグル、米粉麺、米菓、米粉を含む洋菓子
目的 超硬質米、もち米、乳白米等の粉状質米のような、通常は、米飯としての食用に不適当な原料米を用いて、機能性のある米飯、パン、麺、菓子などの加工品を提供すること。米と味噌の複合利用法を開発する。
効果 きわめて硬いために米飯用途に不適当な超硬質米を味噌、特に麦味噌に浸漬することで軟化させ、超硬質米の米飯への利用を可能にすると同時に、パンや麺への加工適性を向上させる。
もち米や被害粒として通常の米飯用には不適当な粉状質米、乳白米、腹白米、背白米、心白米などを原料とし、味噌、特に麦味噌に浸漬することで、米粉パンや米粉麺、米菓などへの利用適性を向上させることができる点を上げることができる。
ダイゼインやゲニステインなどが粉状質米に強化され、抗酸化性、コレステロール低下、高血圧予防等の機能性が付与される。
技術概要
超硬質米、もち米、乳白米等の粉状質米を、味噌水溶液に浸漬して軟化させた後に粉砕することを特徴とする機能性米粉およびその製造方法、当該機能性米粉を含有するパン、麺、菓子を提供する。また、粉状質米又は超硬質米を味噌水溶液に浸漬して軟化させた後に炊飯することを特徴とする機能性米飯およびその製造方法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT