ポリイミド化合物の製造方法

開放特許情報番号
L2014000911
開放特許情報登録日
2014/5/21
最新更新日
2014/5/21

基本情報

出願番号 特願2007-185277
出願日 2007/7/17
出願人 デクセリアルズ株式会社
公開番号 特開2009-024033
公開日 2009/2/5
登録番号 特許第5314856号
特許権者 デクセリアルズ株式会社
発明の名称 ポリイミド化合物の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 ポリイミド化合物の製造方法
目的 酸二無水物とジアミンとの重合反応により合成されるポリイミド化合物の製造において、重合反応中に、ワイゼンベルグ効果によって反応溶液がせりあがる現象を抑制することができるポリイミド化合物の製造方法を提供する。
効果 本発明の製造方法によれば、反応溶液のせりあがりの現象を抑制することができる。また、高い重合度を有するポリイミド化合物を製造できる。
したがって、反応溶液のせりあがりの現象を抑制するために、反応溶液中の固形分濃度を低下させたり、反応溶液中に塩を添加及び除去したり、新たな設備の導入する必要が無くなる。
技術概要
本発明は、重合反応により生成する水を反応系内に還流させることで、反応溶液の粘度の増加が抑制され、反応溶液のせりあがりの現象を抑制することができる。また、その重合反応により生成する水の重量が反応溶液全重量に対して0.01wt%以上1.1wt%以下の範囲となるように還流させることで、10μm以上の膜厚を有するポリイミドフィルムを製造できる程度に高い重合度を有するポリイミド化合物を製造できる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT