自己架橋ポリイミドおよびその製造方法並びに光学装置

開放特許情報番号
L2014000909
開放特許情報登録日
2014/5/21
最新更新日
2014/5/21

基本情報

出願番号 特願2009-052182
出願日 2009/3/5
出願人 デクセリアルズ株式会社
公開番号 特開2010-202827
公開日 2010/9/16
登録番号 特許第5152522号
特許権者 デクセリアルズ株式会社
発明の名称 自己架橋ポリイミドおよびその製造方法並びに光学装置
技術分野 有機材料、情報・通信
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 自己架橋ポリイミドおよびその製造方法、光学装置
目的 自己架橋反応点となる芳香環結合メチル基が存在しないフルオレン/ポリエーテル系の自己架橋ポリイミドを提供する。
また、自己架橋ポリイミドの製造方法、上述の自己架橋ポリイミド膜とを有する光学装置を提供する。
効果 本発明の自己架橋ポリイミドは、架橋剤を使用せずに自己架橋しているので、耐熱性に優れており、光透過性も低下していないため、光学用途に有用である。
固体撮像素子用の半導体基板などの光学装置用基材に積層され、導波路層、接着層、絶縁層または反射防止膜として好ましく機能する。
技術概要
自己架橋ポリイミドは、9,9′−ビス(3,4−ジカルボキシフェニル)フルオレン酸二無水物成分と、特定のジアミン成分とからなる自己架橋性ポリイミドを加熱架橋処理して得たものである。この自己架橋ポリイミドは、熱機械分析(JISK7197)により得られる伸び−温度プロファイルにおいて、ガラス転移温度より高い温度領域でゴム状弾性領域を有する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT