新規PIポリアミド

開放特許情報番号
L2014000844
開放特許情報登録日
2014/5/14
最新更新日
2017/1/25

基本情報

出願番号 特願2012-106382
出願日 2012/5/8
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2013-234135
公開日 2013/11/21
登録番号 特許第6044923号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 新規PIポリアミド
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造
適用製品 新規のピロール―イミダゾール ポリアミド、PIポリアミド
目的 前立腺癌の予防、治療に有用かつ安全で安定した薬剤を提供する。
効果 本発明のPIポリアミドを提供することによって、前立腺癌の予防、治療に有用かつ安全で安定した薬剤を開発することが容易となる。生体内での安定性が高く、組織、細胞への移行性も高い、本発明のPIポリアミドを有効成分とする薬剤は、前立腺癌の予防、治療に効果的な薬剤となり得る。
また、前立腺癌に限らず、TMPRSS2遺伝子とERG遺伝子との融合遺伝子の発現を原因とする疾病や、EZH2遺伝子の発現を原因とする疾病等に対し、これらの遺伝子の発現を制御できる効果的な薬剤の提供も可能となる。
技術概要
アンドロゲン応答遺伝子であるTMPRSS2遺伝子と、転写制御因子であるETS familyに属するERG遺伝子との融合を抑制する、下記式(イメージ図参照)を代表例とする新規なピロール−イミダゾール含有ポリアミド、及び該化合物を含有する薬剤。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT