旋律編集装置、旋律編集方法及び旋律編集プログラム

開放特許情報番号
L2014000838
開放特許情報登録日
2014/5/14
最新更新日
2016/1/25

基本情報

出願番号 特願2012-046062
出願日 2012/3/2
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2013-182133
公開日 2013/9/12
登録番号 特許第5835709号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 旋律編集装置、旋律編集方法及び旋律編集プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 旋律編集装置、旋律編集方法及び旋律編集プログラム
目的 音楽の非専門家であっても、大まかなイメージで曲の旋律を容易に編集可能な旋律編集装置、旋律編集方法及び旋律編集プログラムを提供する。
効果 本発明の旋律編集装置、旋律編集方法及び旋律編集プログラムには、音楽の非専門家であっても、大まかなイメージで曲の旋律を容易に編集可能であるという利点がある。
技術概要
曲の旋律を編集するための旋律編集装置は、時系列変換部10と第1フーリエ変換部20と旋律包絡生成部30と旋律包絡編集部40と第2フーリエ変換部50と時系列データ生成部60と出力部70とからなる。旋律包絡生成部30は、第1フーリエ変換部20により生成されるフーリエ係数から所定の低次側の次数までのフーリエ係数を抽出し逆フーリエ変換を行うことで、入力される旋律の大まかな時系列データである旋律包絡を生成すると共に、残りの次数のフーリエ係数を保持する。時系列データ生成部60は、第2フーリエ変換部50により生成される編集後の旋律包絡のフーリエ係数と、旋律包絡生成部30により保持される残りの次数のフーリエ係数とを結合し、逆フーリエ変換を行うことで編集後の音高の時系列データを生成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT