ニクバエ科に属するハエへの遺伝子導入方法

開放特許情報番号
L2014000818
開放特許情報登録日
2014/5/14
最新更新日
2015/7/28

基本情報

出願番号 特願2010-257776
出願日 2010/11/18
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2012-105599
公開日 2012/6/7
登録番号 特許第5754798号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 ニクバエ科に属するハエへの遺伝子導入方法
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 ニクバエ科に属するハエに遺伝子を導入する方法、当該方法により得られる遺伝子組換えハエ、及び当該ハエ又はその処理物を含む飼料
目的 ニクバエ科に属するハエへの遺伝子導入方法の提供。
効果 本発明によりニクバエ科のハエ個体への効率的な遺伝子導入方法が提供される。本発明の方法により遺伝子を導入すれば、目的遺伝子はタンパク質レベルで機能的に発現し、ハエの成長過程を通じて安定してゲノムDNAに保存され、さらに次世代に受け継がれるという優れた効果を奏する。
また、このように作製されたハエ又はその処理物を用いて、家畜等を飼育するための飼料を作製することができる。
技術概要
羽化後0〜5日目のニクバエ科に属するハエ個体から採取した胚に目的遺伝子を導入することを特徴とする、遺伝子導入方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT