歯科矯正用インプラント

開放特許情報番号
L2014000814
開放特許情報登録日
2014/5/14
最新更新日
2014/5/14

基本情報

出願番号 特願2005-137988
出願日 2005/5/11
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2006-314419
公開日 2006/11/24
登録番号 特許第4706037号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 歯科矯正用インプラント
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 歯科矯正用インプラント
目的 施術された患者が違和感を覚えることがなく、プレート型インプラントを固定した箇所の粘膜が壊死してしまうことを防止できて、プレートが口腔中で回転してしまうことが無く、施術後、即時荷重を負荷することが出来る様な歯科矯正用インプラントの提供。
効果 施術された患者が感じる違和感が減少する。
プレートで粘膜を押圧する必要がなくなり、粘膜の壊死が防止できる。
樹脂が良く馴染む様な形状となっているので、プレートとバンドがロー着出来ない場合でも、樹脂により、両者を確実に接合できる。
馴染むための期間が、従来のインプラントに比較して遥かに短縮される。
技術概要
口蓋を横断する様に配置される歯科矯正用インプラントのプレートにおいて、全体が板状に形成されており、口蓋の正中線に対応する箇所及び/又は当該箇所よりも口蓋の前後方向へ偏奇した位置に貫通孔が形成され、該貫通孔には雌ネジが形成され、長手方向両端部は切断可能に構成され且つ歯を固定するためのバンドと接続可能に構成されていることを特徴とする歯科矯正用インプラントのプレート。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT