3次元座標位置推定装置、その方法、そのプログラムおよび3次元座標推定システム、ならびに、カメラ較正情報生成装置

開放特許情報番号
L2014000761
開放特許情報登録日
2014/4/29
最新更新日
2016/10/27

基本情報

出願番号 特願2011-222706
出願日 2011/10/7
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2013-083505
公開日 2013/5/9
登録番号 特許第5999615号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 カメラ較正情報生成装置、カメラ較正情報生成方法およびカメラ較正情報生成プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 3次元座標位置推定装置、その方法、そのプログラムおよび3次元座標推定システム、カメラ較正情報生成装置
目的 任意のカメラ配置で撮影した画像から、当該画像に写ったマーカの3次元座標位置を高速に推定することが可能な3次元座標位置推定装置、その方法、そのプログラムおよび3次元座標推定システム、ならびに、3次元座標位置推定装置を用いて複数のカメラの較正情報を生成するカメラ較正情報生成装置を提供する。
効果 任意のカメラ配置でマーカの3次元位置を推定することができる。
また、未知のパラメータを適宜変化させて最適解を求める従来の手法に比べ、演算量を大幅に削減することができ、高速にマーカの3次元位置を推定することができる。
また、任意のカメラ配置でカメラの較正情報を生成することができ、未知のパラメータを適宜変化させて最適解を求める従来に手法に比べ、演算量を大幅に削減することができ、高速にカメラの較正情報を生成することができる。
技術概要
3次元座標位置推定装置1は、少なくとも30台以上のカメラによって撮影されたカメラ画像を入力する画像入力手段11と、カメラごとに、カメラ画像からマーカの2次元座標位置を検出する点光源(マーカ)検出手段12と、カメラパラメータに基づいて、全カメラ共通の座標系において、カメラごとに、点光源(マーカ)検出手段12で検出された2次元座標位置と、当該カメラの光学中心とを結ぶ直線式を算出する点光源(マーカ)方向算出手段13と、カメラごとの直線式との距離の総和が最小となる位置を、マーカの3次元座標位置として算出する距離最小位置算出手段14と、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT