反応器内の固体内容物観察装置

開放特許情報番号
L2014000687
開放特許情報登録日
2014/4/24
最新更新日
2015/9/30

基本情報

出願番号 特願2014-003230
出願日 2014/1/10
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-131891
公開日 2015/7/23
発明の名称 反応器内の固体内容物観察装置
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 反応器内の固体内容物観察装置
目的 固定床反応器内の材料をそれらの位置関係や状態をそのまま保持したまま、比較的簡便に装置を開放し回収・観察できるようにするとともに、観察後、内容物を散逸させることなく、排気固定床装置の保守、清掃等を簡単に行えるようにする。
効果 固定床反応器下部のみの設計変更にとどまり、既存の設備に対しても設計変更や改造により柔軟に対応できる。また、開放するのは反応器下部のみであり、反応器本体を運搬・横倒し・二つ割りする等の作業を必要とせず、回収・目視作業に要する労力を効果的に低減することができる。
技術概要
固体材料から気体燃料や液体燃料を生成する固定床反応器2は、底部に開口3を有する固定床反応器2の本体と、開口3に挿通される上側プレート4aと、上側プレート4aとシャフト4bを介して連結される下側プレート4cとからなる材料載置装置4と、前記本体2と材料載置装置4を相対的に移動させる移動装置と、移動装置により材料載置台4を相対的に下降させ、上側プレート4aが本体内部に留まっている状態で、本体底部の周囲に装着される透明樹脂製の円筒部材5とを有している。移動装置により材料載置台4を相対的にさらに下降させることで、円筒部材5を通して、本体内部における固体材料の状態を観察できるようにした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT