多チャンネル式化学発光計測システム

開放特許情報番号
L2014000683
開放特許情報登録日
2014/4/24
最新更新日
2017/9/27

基本情報

出願番号 特願2013-268325
出願日 2013/12/26
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-125028
公開日 2015/7/6
登録番号 特許第6161072号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 多チャンネル式化学発光計測システム
技術分野 情報・通信、化学・薬品、無機材料
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 多チャンネル式化学発光計測システム
目的 多チャンネルを同時測定でき、かつ、多連チューブと多チャンネルマイクロスライドの双方に対応できる化学発光計測システムを提供する。
効果 本発明によれば、各チャンネル間の時差なしに信頼性の高い化学発光の同時計測ができ化学発光信号の経時減少も最小限に抑えることができ、従来にない簡便で、高感度、高サンプル処理能を持ち、高集光能を持つものであって、そのため、従来の発光計測装置にない高いサンプル処理能、利便性、精密な化学発光測定手段を提供できる。
また、幅広い光計測ニーズに対応でき、簡便で信頼性が高く、アッセイ準備・操作時間の短縮、高感度測定によるサンプル量の少量化、高いサンプル処理能を実現できた。
技術概要
測定基盤に設けた多チャンネルの受光部と、多チャンネルの受光部毎に光ファイバーで接続された多チャンネルホトマルと、多チャンネルホトマルを統括的に制御する制御装置と、多チャンネルミラー式穿孔キャップを備えた多チャンネル化学発光計測システムであって、前記多チャンネルミラー式穿孔キャップには受光部のそれぞれに対向する空洞が穿たれるとともに空洞間には隔壁が設けられるとともに、横面から各空洞に貫通する穿孔が設けてあり、前記受光部と空洞と穿孔とは多連PCRサンプルチューブ及び多チャンネルマイクロスライドと共通のピッチで設けられている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT