α,β−不飽和カルボニル化合物の製造法

開放特許情報番号
L2014000679
開放特許情報登録日
2014/4/24
最新更新日
2015/8/26

基本情報

出願番号 特願2013-263609
出願日 2013/12/20
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-117224
公開日 2015/6/25
発明の名称 α,β‐不飽和カルボニル化合物の製造法
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 α,β‐不飽和カルボニル化合物類の製造方法
目的 温和な反応条件下で、アリルアルコール類からα,β‐不飽和カルボニル化合物を高収率で得ることができるとともに、環境や人体への影響・毒性が極めて小さい、簡便で効率的なα,β―不飽和カルボニル化合物の新規な製造方法を提供すること。
効果 α,β‐不飽和カルボニル化合物を安価・安全、かつ環境に与える負荷を最小限に抑えながら、迅速に製造することができる。
工業的に多大な効果をもたらす発明ということができる。
技術概要
アリルアルコール類と過酸化水素とを反応させて、アルコール部位をカルボニル化することにより対応するα,β‐不飽和カルボニル化合物を製造する方法であって、反応触媒として水または有機溶媒に可溶な鉄(II)もしくは鉄(III)塩と2‐ピコリン酸および6‐炭素数1〜4のアルキル‐2‐ピコリン酸から選択される少なくとも1種のピコリン酸類とを1:1〜1:4の比率で共存させて使用することを特徴とする、α,β‐不飽和カルボニル化合物の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT