フレーズ自動挿入装置およびプログラム

開放特許情報番号
L2014000634
開放特許情報登録日
2014/4/11
最新更新日
2014/4/11

基本情報

出願番号 特願2010-109953
出願日 2010/5/12
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-065629
公開日 2011/3/31
登録番号 特許第5462701号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 フレーズ自動挿入装置およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 自然言語処理、フレーズ自動挿入装置およびプログラム
目的 詳細文のフレーズを用いて、基本文のフレーズを正しい文法構造で具体化する作業を支援することのできるフレーズ自動挿入装置を提供する。
効果 フレーズを文に挿入する際に、挿入される側の文が元々有していた係り受けの構造を保存することができ、元の文の意味を保存する効果が生ずる。従って、第1の文をより具体化した文(要約文)を生成することができる。
また、日本語の係り受け構造に変化が生じないような挿入位置を第1の文から抽出することにより、自然な文を生成し、あるいは利用者に提示することが可能となる。
基本文とそれを詳述している詳細文が与えられたとき、基本文のフレーズを、詳細文のフレーズで具体化する作業を支援することができる。
技術概要
係り受け整合度記憶部は、表現同士の係り受けの整合度を記憶する。フレーズ挿入位置候補検出部は、挿入先の文のフレーズ間および文先頭等を、挿入位置候補として検出する。フレーズ挿入位置決定部は、係り受け構造データと係り受け整合度記憶部から取得する係りやすさの整合度とに基づき、フレーズ挿入位置候補に挿入フレーズを挿入したときに第1の文データの係り受け構造を壊すか否かを判定し、係り受け構造を壊さないフレーズ挿入位置候補を検出した場合に当該フレーズ挿入位置候補に挿入フレーズを挿入する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT