顔表情変化度測定装置およびそのプログラム並びに番組興味度測定装置

開放特許情報番号
L2014000633
開放特許情報登録日
2014/4/11
最新更新日
2014/4/11

基本情報

出願番号 特願2010-108112
出願日 2010/5/10
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-237970
公開日 2011/11/24
登録番号 特許第5391144号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 顔表情変化度測定装置およびそのプログラム並びに番組興味度測定装置
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 テレビ視聴者の顔の表情を解析する技術
目的 環境の変動に対しても安定して測定対象の画像から顔表情の変化度を測定する顔表情変化度測定装置およびそのプログラム並びに番組興味度測定装置を提供する。
効果 環境の変動に対しても頑健に測定対象の画像から顔表情の変化度を測定することができ、コンピュータやロボットにおけるモジュールとして適用することができる。また、表情の変化から、人の商品等に対する興味度合いを正確に測定することができる。
カメラから次々に出力されるフレーム画像でリアルタイムに検出した入力顔に対して、また、画像蓄積装置から次々に出力されるフレーム画像で検出した入力顔に対して、それぞれの顔表情変化度を求めることができる。
蓄積された画像の中から、測定対象の所望の表情が映ったシーンを探索することができる。
技術概要
顔表情変化度測定装置1は、被写体の撮影画像において顔領域検出手段4によって検出された顔領域からSURFを特徴点として抽出する画像特徴量抽出手段5と、被写体の標準顔から抽出されたSURFをクラスタに分類すると共に、当該被写体の入力顔から抽出されたSURFを、標準顔のSURFを分類したときの各クラスタのうち特微量に関して最も距離の近いクラスタに分類するクラスタリング手段8と、標準顔に対して分類された各クラスタと、入力顔に対して分類された各クラスタの双方について、クラスタ毎にクラスタ中のSURFの個数を頻度とするヒストグラムをそれぞれ作成するヒストグラム作成手段9と、標準顔ヒストグラム13と入力顔ヒストグラム14との差分を被写体の顔表情変化度として算出する差分算出手段11とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT