スピーカ装置

開放特許情報番号
L2014000627
開放特許情報登録日
2014/4/11
最新更新日
2014/4/11

基本情報

出願番号 特願2010-105717
出願日 2010/4/30
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-234317
公開日 2011/11/17
登録番号 特許第5398633号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 スピーカ装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 電気/音響変換技術、スピーカ装置
目的 高分子素材の面方向の伸縮を効果的に発音に活用し、かつ、プッシュプル型構造の厚みを低減させて薄型化を実現可能なスピーカ装置を提供する。
効果 本発明のスピーカ装置によれば、高分子素材の面方向の伸縮を効果的に発音に活用し、かつ、プッシュプル型構造の厚みを低減させて薄型化を実現することが可能となる。したがって、良好な音響特性を有した小型軽量のスピーカを、薄い厚みで製作することが可能となる。
技術概要
プッシュプル型スピーカ1−1は、円形状の2枚のユニット10−1によって、高分子素材2の折り返しが2段になるように形成する。各ユニット10−1は、外周から内周へ向けて、固定部5、第1の駆動部4、固定部(接合部)3及び第2の駆動部4を備え、中央に固定部5を備えている。第1の駆動部4、固定部3及び第2の駆動部4はそれぞれリング形状をなし、2段の折り返しを形成する。所定の音圧及び音量を実現するためには、駆動部4及び固定部3は所定の面積が必要になるが、1段の折り返しスピーカよりも駆動部4及び固定部3の数が多いから、駆動部4の面積は狭くて済む。これにより、プッシュプル型スピーカ1−1の厚みを薄くすることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT